こうじんや業務日誌。

益子焼こうじんやです。
栃木県益子町で益子焼の製造と販売をしております。
日常を彩る器を中心に、選び抜いた陶器を取り揃えております。
普段使いから贈り物までご利用下さい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しのぎポット&しのぎティーカップ | main | お盆にバアちゃんとジイちゃんを語る。 >>

お嫁に行った洗面ボウル

京都のお客様にお買い上げいただいた洗面ボウルが無事に取り付け完了した模様。

TB:「京都で二間間口の土地を購入し家を建てる現在進行形の物語」今日のニュース

これまで沢山のお客様に洗面ボウルをお買い上げいただきましたが、実際に取り付けられた状態を拝見する機会はなかなかありません。
生で拝見したのはさとうさん宅ぐらいでしょうか → 昨年7月12日の記事

ましてや今回は京都ですので、こうして写真を拝見できて、とても感慨深いです。
白い壁や大谷石、カエデの天板とも色が合って本当に良かったです。
呉須の色はほんのちょっとの濃さの違いで狙った色にならないのですが、今回は光によっては鮮やかな群青に見える色合いで、焼いた父も満足しているようです。

このところ、本当に沢山のご注文をいただいております。
父もお尻に火が着いた状態で制作しておりますが、やはり乾燥に時間が掛かりますので、一から作るとなると1ヶ月半から2ヶ月は最低でもお時間をいただいております。

ただ、お客様のオーダーに対して予備も含めて1〜2個は余分に制作しております。
従いまして、7/4現在は在庫が20個弱はございますので、お急ぎのお客様もお問い合わせくださいませ。

作品紹介 | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koujinya.net/trackback/263
この記事に対するトラックバック
こうじんやの業務日誌に載せていただきました!うちに来てくれはったお嫁さんは、今日も輝いています。 何ショットかその麗しいお姿を。大谷石と益子焼を使った「栃木のトイレ」です。天板は楓。水栓は真鍮。 ついでに照明もご紹介。なかなか好評!
[マ][トイレ/洗面]お嫁さん | 京都で二間間口の土地を購入し家を建てる現在進行形の物語 | 2010/07/05 9:59 PM